2013年07月25日

重ーーーーーいお話です(マイクロチップ)

 先日、マイクロチップを入れていたわが家のワンコが保健所に保護されたのは記憶に新しいところだが。。。

実はこれを機に、いろいろ考えさせられている。


 マイクロチップの情報を頼りに、我が家の電話をかけてきた保健所の獣医さん。

あちらの持っている情報は“書類上の持ち主がわが家である”と言うことだけだった。

私との話の中から、“一旦販売した犬であること”が判り、もし飼い主が出てこない場合は
殺処分もしくは、犬に問題がない場合は市内の愛護団体か市内の希望者に譲ると言う。


私は『こういう言う時のために入れてあるマイクロチップなんだから、飼い主が出てこない場合は私に引き取らせて下さい』と申し入れをした。

幸か不幸か、犬の性格になんの問題もなくて、たまたま来た愛護団体の人も『この犬なら、誰か貰ってくれるでしょう』と言う話になった様。

保健所では、『一旦販売した犬だから、あなたに還すことはできない・・・』の一点張りだった。

何度も話すうちに『出来たら飼い主さんの情報を教えてください』と言われ、知っている限りの情報を伝えた。

こうなるとさすがに行政間。

だされた転居届をもとに、飼い主さんの現住所を割り出し、連絡をとることが出来たそうだ。

その結果は、最初は『今いる3犬種を飼っています・・・』と言うことだったけど

『ピレニーズは?』の質問に

『前に飼っていた』になり『引っ越してきたときに逃げた』になった模様。

『今、保健所に保護していますが、引き取りますか? ブリーダーさんが引き取りたいと言ってきていますが・・・』

『もう要らないので、そちらにあげてください』  

そう言う成り行きで、やっとうちに引き取ることが出来た。

マイクロチップを入れていて、情報は名義変更されてなくてウチのまま、飼い主さんが判らない状況でも、販売した場合は、ウチに帰ってくることは不可能なんだろうか?

飼い主さんが判って、見るからに虐待としか見えないようなひどい状態でも、それでも飼い主に返すしかないのだろうか?

今はまだまだ、マイクロチップの装着が一般的ではなくて、法的にも何の事例もないそうで、何処に聴いてもこういうケースでの法律的な所有権が誰にあるのかは明らかではないらしい。

誰もが『それは弁護士に相談してください』と言う。


こういう不幸な出来事があった場合、私達は自分たちの手で生み出した命を、みすみす見殺しにしなければならないのだろうか?


納得できない理不尽なことばかりだった。


保健所を出る時に、その獣医さんが追い打ちをかけるように言った。

『この子で繁殖をするんですか?』

『いいえ、この子は誰か大事にしてくれる飼い主さんを探します。これまでの生活をリセットさせてやりたいですから』

さすがに腹が立ったけど、何を言っても届かないような気がして黙って保健所を後にした。



誰も、子犬を迎えるときにこんな状態になるとは考えていない。

私達も・・・。

今回の飼い主さんも・・・。

きっとそうであったはずと信じたい。

今どきの社会情勢は大変厳しくて、いつ誰にどんな事が起きるのか判らない。

人間、生きているうちには病気もあるだろう。

手放さなければならなくなった理由、それを責めるつもりはない。

でも、もしそうなったときには、まずは一生懸命に託せる人を探してほしい。

私達に出来る事があれば、どんな協力もする覚悟は有る。

そして、それでもどうしようもない時には、どうか私達を頼ってほしい。

せめて、私達が生み出した命だけでも責任を持って守りたい。

どういう状況だったにしても、この炎天下に犬を放置すればどうなるのか・・・

誰でも容易に想像できる。

リードを手からはなした時、自分で手に掛けた訳ではないけど、

殺したのと同じだと言う事を自覚してほしい。

__.JPG
こんな姿になっても、明るくて、とっても健気だから、尚更哀れさを感じてしまう。

明日は、もしかしたら新しいオーナーさんになってくれる人が面会に来てくださる。

赤いふとーーーーーい絆はどこかにつながっているはず。

気長に、探そうと思っている。

ニックネーム ママちゃん at 14:38| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

POOHの子犬

気がつけば、POOHの子犬が産まれましたるんるんと書いて以来、何にも書いてない。

売る気は有るの〜って言われるけど。


  『大ありですとも』


と言う訳で、先日撮った子犬の写真をアップします。


先日とは言っても15日ですから、もう一週間以上前の事。

もっと可愛くなってきてるんですけどね〜。

まずは15日の画像です。

青君(マーキング男の子)
IMG_1724.JPG


赤ちゃん(マーキング女の子)
IMG_1746.JPG

ピンクちゃん(マーキング女の子)
IMG_1776.JPG

緑君(マーキング男の子)
IMG_1814.JPG

オレンジちゃん(マーキング女の子)
IMG_1790.JPG

黄緑君(白い男の子)
IMG_1767.JPG

黄色君(白い男の子)
IMG_1738.JPG

黒君(白い男の子)
IMG_1788.JPG

そして一機に離乳食の場面

6.JPG

子犬たちのパパ、DOLCE君
DOLCE.jpg
jewelの12歳の誕生日におめかしをして・・・イケメンってぼくのための言葉だよね!!


DOLCE2.jpg
2008年ジャパンドッグフェスティバルにて
雄の代表ドルチェと雌の代表ヒメちゃん。BOBはヒメちゃんになりました。

子犬たちのママPOOH
poohkinki.jpg

IMG_2315.JPG


子犬のオーナー様募集中です。お気軽にお尋ねください。
ニックネーム ママちゃん at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンプーディー

パソコンの画面がまた消える〜〜〜

お急ぎの用事は電話ください。顔(泣)


ナオが居ない2Day.

わが家もワンコ、シャンプー開始。


まずは21日(日)

一丁上がり〜〜〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

2.JPG


2丁上がり〜〜〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

3.JPG


3丁上がり〜〜〜グッド(上向き矢印)

4.JPG

もう、だめ!!!!!!!!

腰が〜〜〜

  腕が〜〜〜

   足が〜〜〜


初めてピレのブリーダーである事を後悔しました。もうやだ〜(悲しい顔)


あれ?パソコン消えないぞ?

今のうちに翌日分もアップ。



そして翌日(月曜日)

ナオが居ないと言うことは、朝から犬舎掃除。

ママちゃん大忙しです。

おまけに昨日の疲れはますます体中が痛みます。


でも、いったん火がつくとやっちゃうタイプの人間であります。



4つあがり〜〜〜バッド(下向き矢印)

5.JPG

も一つ、5つ上がり〜〜〜バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

7.JPG

最後の一頭は根気切れ。パンチ

帰って来たナオに

 『毛玉のこっとるよ、なんか湿めっとるし・・・』

と、さっそくダメだしされた。パンチパンチパンチ

許せ〜、母は立って写真を撮るのもカッタルかったのだ。


おまけに夜にはパパちゃんに、

あれもだしっぱなし〜、これも片づけてない〜とクドクドと文句われた。


くそおやじめ〜〜〜。

体は一つしかないんじゃ!!!!!!!

気になるなら、黙って自分が片付けなさい。顔(イヒヒ)

さて、この5頭見分けがつく人は相当CELEBRATE通なひと。

回答はコメント欄から〜。

ニックネーム ママちゃん at 09:03| Comment(0) | 我が家のワンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

不幸、そのB

ババ様を病院に連れて行って一時ホッと休憩中の事。


 いきなり『こんにちは〜』の声。

出てみると、動物愛護センターが来ていた。

 もう…いつもいきなり突撃訪問なんだから顔(チラッ)


『今日はですね、鳴き声の苦情があって実態の確認に来ました。あれ?犬は?』

わが家のお犬様、エアコンがキンキンに効いたお部屋で爆睡中眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)

誰一人として来客に気が付いていない。


 しーーーーーん『・・・・・・・・・・・・・・・・・』


          しーーーーーん『・・・・・・・・・・・・・・・・』


施設を見たいと言うので犬舎にご案内。
    
     『全部見せてもらっていいですか?』

『どうぞ、どうぞ・・・』

と、ママちゃんの説明つきでご案内。

さすがのこの頃にはワンコ達も気がついて『ワンワン・・・ヒャンヒャン・・・』

思いっきり吠えている子もいたり、
声にならない声で、それでも思いっきり吠えている子もいたり。

      『声帯の手術をしてるんですか?』 

『ハイ、してますよ。ご近所迷惑になりますから。
   基本的にはウチの所有の犬は全部しようと思っています』


実際、声が出る出ないは別として、若い犬以外はほとんど済ませている。
(声帯の手術はとても繊細な手術でとりすぎると癒着を起こしたり、呼吸系に問題が起きる場合があるし、手術の方法によっては結構な割合で再生する場合がある)

このご近所に家が増え始めてからは、ここで多数の犬と暮らすには、好ましいことではないけど、仕方がない事と受け止め、苦情が来る前から何頭かの手術はすませていた。

去年の暮、愛護センターから25年も犬を飼ってきて初めて、吠え声の苦情を言われてから、すでに若い子の手術も何頭もすませていた。

実際、ママちゃんと話している人は基本的な敵ではないので、またまた眠り始めたワンコ達。

     『心当たりは有りませんか?誰も直接言ってこないですか?』

『いいえ〜まったく。匿名の電話も手紙すら入った事がありませんけど。このあたりは古い地域で、もともとの地元の人が多いんですよ。此処15年くらい前からよその地域からの人がぼつぼつ家が建て始めましたけどね』

実際、ここで生まれ、ここで育ったパパちゃんとは幼馴染みばかりで、ワンコ達にも非常に寛大で、『なんで声帯の手術をする!!。嫌なら来るな言うてやれ!!!』と、吠え声を私達が気にしている事を話すと、反対に憤慨するような土地柄である。

     『本当に何も心当たりは有りませんか?』

『ありませーーーん』

     『それにしても吠えませんね。いつ吠えますか?』


『ご飯のときとか、犬を入れ替えるときに吠えますよ。朝の6時半にちょっと、夕方7時くらいのご飯のときがMAX、10時に最終の入れ替えの時にちょっとです。』


さすがに犬の寝ている部屋を開けた時にはみんな吠えたけど、それもすぐに止めてまた爆睡。

さすがに困った様子。

『で、どこを直せばいいですか?これ以上は正直ムリです。これでもっと静かにさせろ!と言うのなら生きてはいる犬では無理です。これ以上言われるのなら、もう開き直るしかありません』


とうとう『判りました。この状況を維持してくださいね』と言って帰りかけた。

『いいえ、維持はしません。もっと改善しますよ。何頭かはまだ声帯の手術をします。犬は命がけです。その命がけで処置をしている事を、あなた達はその苦情を言ってきた人に伝えてくださいね。勿論どこの誰だかは判っているのでしょう?』


   ははははははは・・・・・


     匿名だって〜〜〜


       だれか判らないんだって〜〜〜〜〜。


   笑うっきゃないわ〜〜〜




どこのだれだか知らないけど、大の大人が誰かに苦情を言うのに、

   どこの誰だか名乗りもしないで言いたい放題なんて、ありえないわ。

言った事に責任持とうよ〜


それと、もちろん、誰だかなんて、私達に言う必要はないし、聴こうとも思わないけど、

まじめに犬と向き合っているブリーダーを守るのも愛護センターの仕事でしょう?

苦情を鵜呑みにするのではなくて、ちゃんと対処している事を伝えてよ〜。

仕事には、ちゃんと道筋は有るでしょう〜。



 そして、最後の落ち。

玄関まで送りに行ったときにその職員が言った。


『あのぉ〜、その人が言うのにはですね、直接言いに来たことがあるんだそうです。そしたら、『うるさいっ!!ぶっ殺すぞ!!!』と言われて怖くてこれない・・と言うんですが』


確かに男5人兄弟で自分の家の仕事しかしていないパパちゃんだけど、口は確かに天下一品に悪いけど、人様に向かってそう言うことを言える人でありません。先繊細な神経はないので、悪気のない言葉で人の心を傷つけることはあっても、そう言うふうにすごめる人でないのは、皆さんのご承知の通り。
見たまんまな人です。

じゃ、言ったのはママちゃん???それもありえない〜〜〜。

じゃ、ナオか??? うら若き女性がそれを言い始めたら世は終わりじゃ〜〜〜。

目をまん丸くして、絶句したママちゃんに、

     『そう言う、ない事を平気で言える人ですから、気をつけておいてくださいね』

一番年輩の職員さんがそう言い残して帰って行きました。

   


       なんだよぉ〜〜〜〜〜もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)



良かったら今回はコメントを残してください。

パパちゃんなら、“ぶっ殺すぞ”って言いそう〜

とか、ママちゃんなら当然言うでしょう〜〜〜とか

ナオなら、言うでしょう〜とか。

よろしく〜。

ニックネーム ママちゃん at 09:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

不幸?そのA

去年の暮れに買ったコンロの調子が悪い。

強力な方のコンロは、着火音すらしなくて、もちろん火がつかない。

弱い方は、一応つくけど、すぐに消える。


 な〜ぜ〜だ〜〜〜〜爆弾

と言うことで、火が使えないCELEBRATE家。

料理が出来なくて、お弁当を買って食べること2回。

さすがに、まったく使えないのは困る。


で、さっそく買い変えた。


そしたらパパちゃんが『これは右側が強力なんじゃの〜』とおっしゃる。

『前のも、右が強力だったで』とママちゃん。

『いーーーーーや、前は左が強力だった。ぞっとそのつもりで使いよった』

『あんたがどう使いよったかは知らんけど、右が強力やったで。』

『わしは、毎日麦茶沸かしよったんぞ、間違いない!!!』

『悪いけど、私も毎日ご飯作りよったんで、間違う訳ないやろ、何なら賭ける?』

『おぉ〜賭ける!!』


妙に自信満々なパパちゃん。

で、¥5000をかけたのでした。

ママちゃんは絶対自信があったので、10000円って言ったんだけどね〜顔(イヒヒ)

ま、確実に頂くお金だから5000円で許そう〜顔(イヒヒ)


すぐさま二人で一緒に確認に・・・

捨てに行くべく、車に積んである段ボールから壊れたコンロをとりだす。

ハイ証拠写真。

__.JPG

ママちゃんは、働かずして5000円、ゲットしたのでした。Clap

  ごっつあんで−−−−−−するんるん
ニックネーム ママちゃん at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする